2022年5月23日
Breaking News

派遣の働き方について知る

派遣の働き方は3種類あります。

まず1つ目は登録型派遣です。

一般派遣とも呼ばれ、雇用期間があらかじめ決まっているタイプの働き方です。派遣先の企業と直接契約を結ぶのではなく、まずは派遣会社と雇用契約を結びます。派遣先企業から求人依頼を受けた派遣会社が派遣社員に紹介し、就業が決まった時に派遣先企業との雇用契約が始まります。雇用期間が満了を迎えた際、派遣先企業から更新されなければ雇用契約も終了となり、派遣社員は新しい職を探さなければなりません。

2つ目は常用型派遣です。

登録型派遣と大きく異なる点は、雇用契約の継続です。登録型派遣は雇用期間の満了に伴い契約も終了するのに対し、常用型派遣は契約を継続できます。就労していない期間も給与や福利厚生が保証されているため、安心して働くことができます。

3つ目は紹介予定派遣です。

雇用期間が満了した後に、派遣先企業と直接雇用契約を結ぶことを見込んだ形態です。派遣として働いている間はいわゆる試用期間であり、派遣先企業ではこの期間中に正社員になるための適性を判断します。紹介予定派遣で直接契約を結ぶ際は、派遣社員と派遣先企業の双方の合意が必要となります。派遣社員側は試用期間中に違和感を覚えたら辞退することができますし、派遣先企業側も適性を見極められなかった場合は断ることが可能です。

このように、派遣の種類によって働き方は異なります。

それぞれの仕組みをよく理解した上で、自分に合った働き方を見つけましょう。